伝説の家政婦!志麻さんYouTubeオンライン調理のお知らせ

志麻さん

 

みなさま、タサン志麻さんご存じですか?

”シマさん”とテレビや芸能人からも熱い人気を得ておられるので、ご存じの方も多いかと思います。

 

多くのレシピ本を出版され、”予約の取れない伝説の家政婦さん”として大人気なんです。

 

そんなシマさんが、この度Panasonicのキッチンで調理実演してくださいます!

オンラインなのでどこからでも視聴出来ます。YouTubeでご覧いただけます。

詳しくは、こちらからどうぞ!!

https://sumai.panasonic.jp/sumai_create/campaign/cp2020-special/#kitchen

 

志麻さんが使用されるキッチンはコチラです!

志麻さん使用キッチン

 

Panasonicのいろりダイニング!!

弊社の1Fショールームと同じものになりますので、是非志麻さんの調理実演の後にお立ち寄りください☺

タッチレス水栓の体験ももちろんして頂けますよ~!

いろりダイニング

 

しっかりとマスク着用でご対応させていただきます。

是非、お待ちしておりますね!

 

ご相談はこちらから
0120-376-406 0120-376-406
お問合せ資料請求

台風・地震等の天災対策は大丈夫?お家で出来る4つのこと

こんにちはアクティホームです。
9月になった途端、台風や地震等でなんだか不安な日々ですね。
ご存知ですか?先週9月1日から9月5日まで「防災週間」でした。

お家の防災対策、済んでおりますでしょうか。
「対策って何すればいいの?」という方もいらっしゃるかもしれません。
改めて何を最低限すべきなのか、お家で何が出来るのか一緒におさらい致しましょう!

1、非常時の食料品や飲料を備蓄しておく

天災がおこってからでは遅い、なんて事は皆さま百も承知かと思われますが、
ではどういうものが、どれだけ必要なのか改めて整理しておきましょう。

  • 〈最低限ほしい!〉---------------
  • 飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
  • 非常食 3日分の食料として、ご飯、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
  • 生活必需品 トイレットペーパー、ティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロなど
  • --------------------------------
  •  

食料品は賞味期限がありますので、なるべくおおまかな期限等を日頃見えるところにメモを置いておいて、
用意する→食べる→買い足すというサイクルを癖付ける事を意識致しましょう。

また上記画像は地震経験者(震度6弱以上)に、災害時に用意しておいたほうがよいと思うものを聞いた結果です。
過去被災者の意見を参考にして備えは万全にしておきましょう。

大規模な災害の場合は1週間分の備蓄を用意することが推奨されています。

 

2、非常用の持ち出しバックを用意する

お家に用意しておく非常用備蓄とはまた別に、すぐ避難できるようにサッと持ち出せるバックを用意しましょう。

  • ・飲料水、食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
  • ・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
  • ・ヘルメット、防災ずきん、マスク、軍手
  • ・懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器
  • ・衣類、下着、毛布、タオル
  • ・洗面用具、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、携帯トイレ

 

あとは持ち出す際、貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)を入れこめれば用意は十全といえるかと思います。

 

3、家の設備を考える

上記でお話しました非常用バックは、迅速に避難に移れるようにすぐ取り出せる場所に置いておかねばなりません。
しかし量もそこそこにあり、しかも地震等で崩れてこない安全な場所が必要になってきます。
そちらもふまえてお家の設備について、いざという時の安全性は大丈夫なのか改めて考えましょう。

 

収納

バックの収納には壁面収納「キュビオス」はいかがでしょうか?
壁面固定の収納棚ですので安全性が強化されています。

地震などの強い揺れでも倒壊しないよう、壁面へねじで固定して設置致します。
ユニット同士もしっかりとねじで固定することで、強固な構造になっています。

さらに揺れを感じると作動し、扉を施錠する耐震ロック。
万一の地震の際にも、収納物の飛び出しをしっかりと防止し、家族の安全を守ります。

万が一ガラスが割れた際にも、破片が室内に飛び散りにくい「飛散防止フィルム貼りガラス扉」なので心配ありません。

キュビオスは以前施工させて頂きました施工事例がございますので、是非ご参考になさってください。
【キュビオス施工事例】https://actyhome-reform.com/works/1985/

 

■コンロ

地震の際、「まずコンロの火を消さなくては!」と思われている方も多いのではないでしょうか。
火災が起きる心配ももちろんありますが、

揺れが激しいときはまず何よりも身の安全を最優先して下さい。
震度5以上の場合ガスメーターが自動でガスを止めるようになっていますので、
ガスの事は一旦置いておいて安全な場所で身を守ることを一番に考えてください。

上記の理由により強い地震が起こった後はガスが止まり、コンロや給湯器等のガス機器が使用できなくなっております。
「お湯が出ない」と昨年多数問い合わせを頂きましたので、地震後お湯が出ない場合、ガスコンロも止まっていないかどうか確認してみてください。

 

2008年4月以降に製造しているガスコンロは、全てのバーナーに、
「調理油過熱防止装置(安心センサー)」一定の温度に達すると自動的に火が消えます。
「コンロ・グリル消し忘れ消火機能」消し忘れても約2時間で自動消火します。
「立ち消え安全装置」煮こぼれや風などで万一火が消えてしまった時、自動でガスも止まります。
が搭載されていて、安全性の高いコンロとなっています。
2008年以前のコンロを使用されている方は、今特に不具合が無くとも是非安全性の高いコンロにお取替えをお勧めいたします。

コンロのお取替えはコンロのグレードにもよりますが、
安価なものは6~7万、中級グレードで10万~13万ぐらいで商品併せて工事が可能です。
現在使われているコンロはいつ頃に交換されたものなのか?
安全性能はついているのか?
今一度確認して頂いていざという時に備えて下さい。
コンロの施工事例もあわせてご検討下さい。
【ガスコンロ施工事例】https://actyhome-reform.com/tag/ガスコンロ

 

■トイレ

豊中周辺にお住まいの方でしたら多くの方が既に昨年の台風で経験済かと思われますが、
災害時は停電断水が辛いですよね。
スタッフも4日ほど停電が続き、蒸し暑さもあってかなり辛かったです。
ここで改めて停電時や断水時の時の水の流し方をおさらいしましょう。

停電時のトイレの水の流し方

・タンクにレバーハンドルがついている方
→いつも通りハンドルを回して流す方法でOKです。
断水も一緒に起きている場合は下記の「断水時のトイレの水の流し方」を参照してください。


・タンクにレバーハンドルがついていない方
→お使いのトイレに手動レバーが無いか確認しましょう。
見当たらない・やり方が分からない場合、下記「断水時のトイレの水の流し方」を参照してください。

パナソニックタンクレストイレ・アラウーノL150シリーズであれば、
乾電池で停電時も水が流せます。

9Vアルカリ乾電池(別売)をセットし、本体上部にあるスイッチを押すだけで排水と給水が可能です。
※断水時は排水のみ可能になります。

また、この使用される「9Vアルカリ乾電池」が、コンビニ等で購入できるものなのですが、
少し特殊なものになるので、災害時売り切れて買えない!という事もないのです。

もちろん手動でも排水可能なので、下記参考にして下さい。
【アラウーノ停電対応】https://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/feature/detail.php?id=teiden

 

断水時のトイレの水の流し方

水が床に飛ばないように新聞紙等をまわりに敷いてください。
バケツ1杯分(6~8L程度)の水を、水飛びに注意しながら一気に流しこんでください。
この際、量や勢いが弱いと流れないので勢いよく入れましょう。
ゴボゴボと音がして流れたら、臭いが上がってこないよう封水(水でフタ)するため、
さらに3~4Lの水を流してください。こちらは静かに流し込むように。

※断水が復旧したら、最初に「台所や洗面所」の蛇口を少しづつ開いて下さい。
蛇口を少しずつ開くのは、断水中に水道管の中に空気が混入してきてその空気の圧力で蛇口が大きく飛び跳ね、
破損させてしまう恐れがある為です。 蛇口は少しずつ開き5分ほど水を流すようにしましょう。

 

4、家族で安否確認方法を事前に相談しておく

 

別々の場所にいるときに災害が発生した場合でもお互いの安否を確認できるよう、
日頃から安否確認の方法や集合場所などを、事前に話し合っておきましょう。

災害時には、携帯電話の回線がつながりにくくなり、連絡がとれない場合もあります。
その際は以下のサービスを利用しましょう。

●災害用伝言ダイヤル
ダイヤル「171」に電話をかけると、伝言を登録する事が出来ます。
自分の携帯番号を知っている家族が伝言を再生できます。
通常の回線とは異なるため、通信状況が悪い状況でも録音再生が可能です。

災害用伝言板
携帯電話やPHSからインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、
自分の電話番号を知っている家族などが、情報を閲覧できます。

どちらも携帯電話が必須なので、いざ利用する時に連絡はLINEばかりで番号知らない!とならないよう
事前にメモをしておく等準備しておきましょう!

 

地震や台風などの災害は誰にも止められず、必ず襲い掛かってきます。
その際の備えや「どうしておけばいいのか、当日どう動くべきか」、きちんと家族で話し合い準備しておくことが
何より大事なことかと思います。
なんとかなる、ではなくやりすぎなくらいの用意を!

 

参考:https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html(首相官邸 災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~)

ご相談はこちらから
0120-376-406 0120-376-406
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る