スタッフブログ

水回りのリフォームをするなら費用とタイミングを知っておこう!

みなさん、こんにちは。
アクティホームです。

水回りのリフォームは、住宅の快適性や機能性を維持するために欠かせないものです。しかし、消耗しやすく劣化しやすい部分でもあるため、場合によっては高額なリフォームになることもあり、どのタイミングで行うべきかで悩む場所でもあります。

トラブルを防ぎ、計画的に水回りのリフォームを行うことで住宅の価値を向上させ、快適な生活環境を維持していきましょう。

 

水回りリフォームに最適なタイミングはいつ?

一般的な水回りリフォームの適切なタイミングは「10〜20年」と言われています。 多少の不便があっても「まだ使える」と感じればリフォームする必要はないと考えるかもしれません。しかし、実は見えない部分の腐食や劣化は意外にも進んでいるものなのです。

目に見える範囲に不具合が出てきてからリフォームに踏み切ると、思っている以上に高額なリフォーム費用になり、驚くことも少なくありません。

キッチン

水漏れが起きていれば必ず修理を依頼してください。また、排水溝のヌメリや臭いがひどくなった場合も、リフォームを検討した方が良いでしょう。見えていない場所ですが、配管に異常が発生している可能性もあるため、早い段階での処置が必要になります。

レンジフードやガスコンロ、換気扇などに不具合を感じた場合も、症状が悪化する前にリフォームすることをおすすめします。

浴室

カビが目立つようになったらリフォームのサインです。角のシーリングやタイルの目地にカビが発生しますが、このカビはシーリングや目地の奥深くまで根を張っているので、掃除だけで対処し切れるものではありません。カビはアレルギーの原因にもなりますので、掃除しても落ちない、またすぐに生えてくるといった場合は浴室リフォームを検討しましょう。

また、浴槽のひび割れや水漏れが確認できた時には、浴室以外にまで被害が及んでいる可能性もあるので、早急に対処しましょう。

洗面台

水栓や配管の痛みが発生した時がリフォームすべきタイミングです。配管は目に見える場所ではありませんが、詰まりが頻発するような場合は内部の異常を疑いましょう。

トイレ

便器の破損は生活に支障をきたしますので、早急に修理や便器の取り替えを依頼しましょう。水の流れが悪い、黄ばみや悪臭が気になり出したら、配管内部の異常やトイレ自体が劣化している証拠ですので、早めのリフォームをおすすめします。

 

水回りのリフォームの費用相場

施工する内容によって価格差はありますが、一般的に水回りのリフォーム費用は比較的高額になりがちです。

下表は弊社のリフォーム施工費用の目安となりますのでご確認ください。

※3ヶ所プラン:キッチン・お風呂・洗面所
 4ヶ所プラン:キッチン・トイレ・お風呂・洗面所

※以下、施工の詳細内容
「キッチン」
下限:取替のみ
上限:8㎡程度のキッチンルームを前提として、床壁天井の補修・CFクロスは材工価格を算入。位置替えや出入口のドア入れ替えなどは別途とする。
「浴室」
下限:戸建て・マンションとも1216サイズのシステムバス〜システムバスへの入替
上限:戸建て在来のお風呂(タイル撤去や土間土出しなど)のリフォーム
「洗面台(洗面室)」
下限:入替のみ
上限:1坪までの洗面室の内装やり替え
「トイレ」
下限:取替のみ
上限:クロス張替え材工・戸建ての場合の和便器から洋便器の取替。
(タイル撤去や土間土出し・下地やり替えクロス張りまで)

 

リフォーム費用を抑える3つのポイント

これからご紹介する3つのポイントに気をつけることで、高額になりやすい水回りのリフォーム費用を抑えることができます。

水回り4ヶ所のセットプランを利用する

一般的な水回りリフォームのタイミングは、すべての場所が「およそ10年」を機に検討すべきと言われています。突発的なトラブルがない限り、新築からほぼ同じタイミングで劣化していくため、すべての場所を同時にリフォームするのもよいでしょう。

施工業者は、キッチン・浴室・洗面室・トイレの4か所のリフォームをセットで受注することで費用をコストダウンしています。セットプランがお得な価格にできる理由は、リフォームで使用する商品をまとめて発注することで仕入れ値を抑えられるからです。また、一度にリフォームすることで人件費や工事費、養生費を抑えることにもつながります。

使用する商品を同じメーカーやブランドで統一すれば、発注先が1か所で済み、商品も同時期に到着するため工期を短くできます。ただし、同じメーカーやブランドで統一した場合は、セット内容や選択できる商品があらかじめ決められていることが多く、希望している商品が使えない場合もあるので注意しましょう。

必要以上にグレードを上げない

設備のグレードを下げれば、リフォーム費用は当然抑えられます。しかし、全体のグレードを下げてしまうと、リフォーム後のお住まいで理想の暮らしを実現できなくなってしまいます。あくまでも「上げる必要のない部分までグレードを上げない」ことが費用を抑えるのに重要なポイントであることを覚えておきましょう。

特に、システムキッチンやユニットバスはグレードによって価格の差が大きくなる商品です。同時に行う他の部分のリフォームと合わせてグレード調整をして、費用を抑えながら理想とするリフォーム後の姿を目指してください。

補助金や助成金制度などを活用する

リフォームには、国や地方自治体からの補助金や助成金制度を利用できるものがあります。事前申請が必要ですが、適用条件をクリアできればどなたでも補助金を受ける権利があるのです。ただし、補助金には予算枠があるため、申請をしたすべての方が補助を受けられるわけではないことも理解しておきましょう。

例えば、2023年に国が実施した「こどもエコすまい支援事業」の場合、2022年度の予算は1,500億円でした。2023年度の既定経費を流用することで209億3,500万円を増額し、総額1,709億3,500万円の予算で行われた助成事業ですが、予定していたよりも早く予算上限に達したため、交付申請の受付を予定よりも早く締め切ってしまいました。

先着順の補助金もあれば、抽選制の補助金もあるので、補助金を利用したリフォームをお考えの場合は早い時期からの準備が必要だということを覚えておきましょう。

 

水回りをリフォームする際の注意点

水回りが使えなくなると、生活に支障をきたします。そのため、リフォームのタイミングを逃さず、トラブルが起きる前に対処するようにしたいものです。

水回りのリフォームの際、注意すべきポイントをご紹介します。

リフォームプランや施工会社をカタログだけで決めない

カタログで見た内容がそのまま反映できるケースは少ないといえます。なぜなら、カタログに掲載されているリフォームプランや施工例が、今お住まいの間取りや現状にそのまま当てはまるわけではないからです。

また、カタログに掲載されているキッチンや浴室などの設備仕様に関しても同様です。使い心地や触り心地、実際の色味などはカタログではわからないため、ショールームで実物を確認することをおすすめします。

カタログに掲載されているリフォームプラン以外にも、希望に合ったリフォーム方法を提案してもらえることもあるため、担当者にしっかりと理想のリフォームについてご相談ください。

使い勝手とデザインの両方を考える

水回りは生活の重要な部分になるため、使い勝手が悪ければストレスになります。しかし、使いやすいだけでデザインが気に入らないのも満足できません。デザイン性が良く、理想的な使い方ができる水回りを目指してリフォームしましょう。

特に、デザイン性が良いものの場合、掃除がしづらくなったり、照明不足で手元が暗くなるような仕上がりになったりすることもあるため、ショールームなどで実際の使用感を確認してから選ぶようにしましょう。今の生活をより向上でき、満足度の高いリフォームになるように心がけてみてください。

マンションは管理規約を遵守する

マンションの場合、専有部分のリフォームはできますが、管理規約によって制限を設けられている場合があります。

特に水回りのリフォームの場合、排水管は共用部分に指定されています。ここに手を加えるようなリフォームはできません。また、床下の構造により勾配をつけられない場合にもリフォームできないケースがあります。

もし水回りのリフォームが必要な場合は必ず事前に管理組合に相談してください。

 

まとめ

水回りのリフォームを行う場合は、以下のポイントに気をつけてみてください。

・リフォームのタイミングは「10〜20年ごと」
・水回りは同時期に劣化する
・セットプランがお得
・カタログだけで決めずに実物を確認する
・補助金を使うことも検討する

特に水回りは、突発的なトラブルや不具合に見舞われ、待ったなしの状態でリフォームを行おうとすると、なかなかゆっくりと検討している時間がとれず、満足いくリフォームができなかったということになりかねません。適切なタイミングに合わせたリフォームであれば、じっくりと検討しできるため、納得のいくリフォームを実現しやすくなります。費用が高額になりやすい水回りリフォームは、終わってから後悔しないように計画的に行うことをおすすめします。
―――
監修者:大島 秀介(おおしま しゅうすけ)
一級建築士・リフォーム設計専門家
株式会社アクティホーム 管理建築士

大阪工業大学建築学科を卒業し、一級建築士として数多くのプロジェクトを手掛ける。自身の建築設計事務所経営を経て、アクティホームに入社。住宅改修やリノベーションの専門知識を活かし、お客様一人ひとりのライフスタイルに合わせた住空間の提案を得意とします。環境や将来の見通しを考慮し、120%の提案でご満足いただけるよう心がけています。

ご相談はこちらから
0120-376-406 0120-376-406
お問合せ資料請求
ページトップへ戻る